上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

jpg464-3.jpg

クリックで原寸 スケッチブックで描き描き...

季羅です。どうも!

なんだか晩御飯食べた直後に寝てしまう現象が
増えてます・・・。
なんとも効率の悪い生活リズム...
なんとかしないと

最近、本を購入しすぎて本棚ちゃんに納める
ことなく山積みになってきてます。
ヤバいです。
床面積がどんどん減る・・・。

あと、うちのレオン可愛すぎ毎日萌えまくr(殴


それから、友人とあたしの家でバイオハザード6の体験版しました。
長いので、以下からドウゾwwww

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

拍手にコメントありがとうございます!!
コメ返は拍手コメレス専用記事にて!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++
--------------------------------------------------------------





コントローラーはあたしの一台だけなんで、あたしがメインでがんばりました。
友人も一瞬操作しましたが、ものの一分で交代←

季羅:提案者。プレイ自体は初。映画も知ってる。
友人:被害者。怖がってる。知識は映画のみ。

①キャラ選択にて
選択基準はイケメンかどうか。
季羅「今回は、レオンストーリーでいこっか!」
友人「はあ...」
季羅「およ?男の方か女の方か選べれる」
友人「イケメンさん(レオン)にしようや」
季羅「でも、それ主体やから顔拝めへんで」
友人「あ!ほんまや!女の人(ヘレナ)にしよ!」
季羅「よっしゃイケメン拝もう!!(゚∀゚)」
友人「イケメン!!(゚∀゚)」
レオンはパソコンさんに任せた

②まずは操作確認!
コントローラー操作図表示
季羅「え、ちょ、多いいいいいいいいいい!!!」
友人「あれがあれでこれがあれで・・・あああああ!終わった!!」

~ストーリースタート~

季羅「これが、持ち物、んでこれが、武器入れ替え・・・ブツブツ」
友人「攻撃!!の!!確認!!大事!!」
季羅「はいはい・・・。これが構えか。んで」
友人「んで、どやって撃つん」
季羅「どのボタンも反応せーへん・・・」
友人「え」
季羅「\(^q^)/」
友人「\(^q^)/」
季羅「もおええ!!進めぇえええええ!!」
友人「嫌あああああああああああああああ」

③通路
友人「怖いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい」
季羅「おほほwwこれは怖いwwなんか出てきそうww」

~初めての感染者遭遇~

季羅・友人「でたあああああああああああ!!」
友人「季羅!!撃って!!撃って!!(泣)」
季羅「うぇえ!?ちょ!?照準合わせにくいいいい!あ!撃てた!!」
レオン黙々と撃つ。
友人「R1!!季羅、R1て出てる!!」 ※R1は、格闘技
季羅「とうりゃあ!!おほっwwwR1凄いww」

④とある変化が
季羅(ん・・・?なんかレオンの上に緑色の文字が表示されてる・・・。ま、ええか)

この時、季羅は気づいていなかった。緑色の文字が表示された意味を・・・

季羅(なんか・・・レオンの動きが機敏になった・・・?)
友人「なんか庭っぽいけど、ここ絶対一杯出てくるって」
デーーーーン。【カードキーを探す】
季羅「カードキー??」
友人「ここの庭にあるん?」
季羅「探せ探せーー!ε=┏(^q^)┛」
うろうろうろうろ・・・。
季羅「ないっっっっ!!(゚Д゚;≡;゚Д゚)」
友人「イケメンさん(レオン)扉の前でずっと待ってはるで。もう行ってええんちゃうん」
季羅「(´・ω・`)」

廊下に出ると... 感染者大量発生!!!!!

季羅・友人「なんか一杯きたぁぁぁぁああああああああ」
季羅「うわあああああ!痛い!!痛い!!」
友人「R1!!季羅、R1でいける!!」
季羅「え」
友人「あ」

デーーーーン。【Your Partner Died】

季羅・友人「イケメン死んだああああああああ(((゜□゜;)))」

二度目の挑戦。
季羅「R1で、R1で切り抜ける!!!」
友人「R1すげぇwwwwwwww」
扉が開いた!!
季羅・友人「ヤターーーー!。゚(゚^∀^゚)゚。」

⑤気づいた
季羅「カードキーあった!!」パァァ
ようやく手に入れたその時、レオンの上の緑の文字が消えた。
季羅「あれ?イケメンさん(レオン)の緑のヤツ・・・」
友人「ああ、あれ?誰か操作したはったんちゃう・・・?」


間。


季羅「うわああああああ!!名も知らぬお方がやってはったんかああああ!!」
友人「薄々、思ってたけどwwwwwwww」
季羅「あたしも薄々感じてたけどwwwwwやっちまった!!wwwww」
友人「やってしもたなーwww」

思い出される数々の行い・・・。
庭を好き勝手に走り回って、待たせて、死なせて...

季羅「なんて失礼なことをしてしもたんやあたしはぁぁぁあああ!!!!」
友人「どんまいwwwwww」

⑥一人で頑張ろう
季羅「ううう。名も知らぬお方~・・・(泣)」
友人「こっからはパソコンさんやな」

こうして、二人だけの阿鼻叫喚、感染者無視、疾走ゲームが始まる。

友人「回復した方がええと思う」
季羅「持ち物、持ち物・・・。どやって回復するん←」
友人「調合!調合って出てた!」
季羅「よし、よし」(ガシャコン、ガシャコン
ガシャコン
季羅「・・・調合したやつ、どっかいった」
友人「ええ!?wwww」
季羅「どこいったwww」
R2で回復できました☆

季羅「なんか。あそこおるんやけど。撃っても反応せーへん」
友人「遠いんちゃう?」
季羅「お、当たった当たった」
感染者倒れる→うごめく→這ってきた!!
友人「うぎゃあああああああ!!這ってきたああああ!!」
季羅「弾当たらへーーん!!!」

逃走なう。

季羅「いやーーん!一杯出てくるうううう!。゚(゚^ω^゚)゚。」
友人「無視!無視して走れ!!!!」
季羅「うおおおおおおおおおおおε=ε=ε=。゚┏(゚^ω^゚)┛゚。」
季羅「ああ!レオンが絡まれてる!www」
友人「放っとけ!!」
季羅「早よ来い!レオン!www」

こうして、無事に(?)終わりました。

季羅「あーーー、疲れたwwwww」
友人「怖かった。疲れた。精神的にダメージ喰らった」



とっても楽しかったですw
レオンを操作して下さった、名も知らぬお方に感謝を・・・!!!!
スポンサーサイト
















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Aloof Doragon, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。